30代に突入すると仕事もプライベートも充実してきて忙しくなりますよね。独身なら趣味の充実、子供ありなら育児や教育でも大忙しです。

でもこれらを実現するにはお金は必要です。特に育児関係では収入以上の支出になることも多いのではないでしょうか。

独身でも子供ありでも30代にとって貯金の仕方は重要です。目先だけではなく将来の事を踏まえた貯金の仕方を考える必要があります。

 

30代の収入と貯金

全員に当てはまるとは限りませんが、30代ともなると新入社員時代よりは収入も多いはず。

 

 

独身でも子供ありでも多少貯金がある人が増えてきているはず。でもそれと同時に出費が多くなってくる時でもあります。

でも現実を見ると・・・、お金が全く足りないことも多いですよね。

 

みんなどれくらい貯金してるの?

どれくらい収入があるんだろう?

 

こういったことも気になりますよね。

算出されたデータを参考にして30代貯金の仕方などを考えてみましょう。

 

30代の収入は?

DODAの統計によると、

 

30代の平均年収は455万円

 

となっています。

(男性:487万円、女性:386万円)

(参考:https://doda.jp/)

 

やはり30代になると仕事にも責任が生じるため収入は増加傾向にあります。さすがに20代と比べると100万円近く増加しています。

しかしその分出費も多くなるため正直全然足りません。

 

30代の貯金額は?

30代はどれくらい貯金しているのでしょう。

データを引用すると、

 

貯金割合(%)  人数割合(%)
5未満 6.1
5~10 8.4
10~15 19.9
15~20 4.6
20~25 13.0
25~30 6.1
30~35 9.6
35以上 15.7
貯金せず 16.5

 

このようになります。

20代でもそうでしたが、30代の16.5%が全く貯金しておらず19.9%は年収の10~15%貯金しています。

20代は働き始めなので貯金が少ないのは分かりますが、公私共に充実してくる30代で貯金がないと厳しいものがあります。

ただしこれらは飽くまでも平均データです。平均貯金額は貯金が多い世帯によって引き上げられるので実感値とは差があります。

なので貯金額の低い方から順番に並べ中央に位置する世帯の貯金額(中央値)を見る必要があります。

30代の貯金の平均値と中央値を見ると以下のようになります。

 

単身世帯(独身)

金額(万)
平均値 589
中央値 82

 

二人以上世帯

金額(万)
平均値 470
中央値 200

 

さすがに20代より貯金はありますがまだ不安が残る感じだと思います。

ただし二人以上世帯の場合、結婚や出産、育児等で出費が増加した結果貯金が減少していると考えることもできます。

また、両世帯共に平均値と中央値の差が大きく30代は収入格差が大きくなることが分かります。年収1000万超えもいれば無収入の人もいるということですね。

 

独身のお金の貯め方

 

独身であればお金の貯め方は簡単なはず!節約を徹底するだけでも全然違います。

一番のおすすめはスマホ料金の見直しです。思い切って格安SIMに換えましょう。

それが終わればコツコツ貯めるだけです。

⇒ 低収入から貯金12万円アップを目指す方法は?

将来のために今からコツコツ貯めていかないと厳しいことだけは意識しておきましょう。

 

子供あり世帯のお金は?

子育ての中でも一番の出費とも言えるのが教育費で子供一人当たりは1500万円程必要とも言われています。

それらと貯金についてまとめてみます。

 

子供の教育費

子育てで一番の出費は教育費ですが、私立や公立、大学進学などでもかなり金額が変わってきます。

小学校から大学までの1年間の教育費を以下にまとめます。

引用:文部科学省平成26年度「子供の学習費調査」

 

小学校

公立 私立
学校費用 10万 93万
塾など 22万 60万
32万 154万

 

中学校

公立 私立
学校費用 17万 103万
塾など 31万 31万
48万 134万

 

高校

公立 私立
学校費用 24万 74万
塾など 17万 26万
41万 100万

 

大学

初年度 2年目
国立 82万 54万
私立文系 115万 90万
私立理系 150万 124万
私立薬学 206万 171万
私立医歯系 461万 357万

 

進路別教育費

公立と私立に進学する場合で生じる差のデータもありました。

 

合計
460
750
890
1030
1060
1200
1460
2190

私・・・私立文系私・・・私立理系、単位・・・万円

 

公立私立では教育費にかなりの違いが出ます。

またこれらは飽くまで概算でこの他にも受験費用な滑り止めキープなどに費用が必要です。これらも数十万単位なので馬鹿にできません。

 

子供あり世帯の貯金額

インタースペース「ママのお財布事情に関する調査結果」によると貯金額は以下のようになります。

 

貯金額 割合(%)
100万円未満 24.9
100万円台 12.6
200万円台 8.0
300万円台 9.1
400万円台以上 17.1
貯金なし 20.4

 

また平均貯金額は以下になります。

 

年代 平均貯金額(万円)
20代 167
30代 238
40代 393
平均 252

 

30代では238万円が平均貯金額で、二人以上世帯の貯蓄額中央値200万とほぼ一致します。

ただし貯金額100万円未満の子供ありの世帯が45.3%を占めその内20.4%が貯金なしにはかなりの不安が残ります。

教育費は例えば小中高全て公立で大学進学しない場合でも500万円は必要になってきます。

また小学校から大学(理系)まで全て私立にすると2000万円以上必要です。

教育費と貯金額を比べると大きな差がありますし到底まかなえるものではありません。

 

お金の貯め方

これだけの金額を貯めるのは簡単ではありません・・・、というか非常に困難です。なのでまずは色々な制度を利用して乗り切っていくことがポイントになります。

例えば以下のようなものがあります。

 

児童手当(0歳~中学校)

就学援助(小学校~中学校)

高等学校等就学支援金

授業料の免除(国立大学)

給付型奨学金

 

これらの補助制度は絶対に利用しましょう。

これらの次に余裕があれば保険の利用もおすすめになります。ただし余裕が無いと保険にも加入できないのが現実です。

合計費用を見ると悲観しか沸かないので、なるべく細かく(月別)などで費用を計算しコツコツ貯めていくのがポイントになります。

また普段の生活で節約も大事です。独身世帯のお金の貯め方でも紹介したスマホ料金の節約は本当におすすめです。

子供が小さいとお母さん側は仕事ができないこともあると思います。でも正直これだとかなり厳しいと言わざるを得ません。

今はインターネットを使った在宅でも可能な仕事はたくさんあるのでそれらを探すのも良い方法です。

 

まとめ

30代で独身世帯と子供あり世帯の貯金の仕方についてまとめてみました。

 

 

独身であれば20代と比較して貯金に余裕があるはず・・・なので、節約を徹底しつつ攻めてお金を貯めるのが一番良い方法です。

独身でも結婚を考えている人は今から貯めておかないと大変なことになります。

また、子供あり世帯は節約と同時に色々な給付金制度や保険を使って教育費を工面していきましょう。

もちろんこれらの制度では賄えない食費・通信費・衣類・おこづかいなどの生活費もあるので自分でもお金を工面できるようになる必要があります。

 

最終的な費用に捉われると行動できなくなりますし、いきなり大金を稼ぐことを考えてはいけません。

 

まずは節約(特にスマホ)、次にできる仕事を探してお金をコツコツ工面していきましょう。