こんにちは。年中旅行人間のmです!

旅行に限らず何をするにもお金は必要です。将来を考えても貯金も必要ですがなかなか余裕も出てこないですよね。

そこで今回は「貯金の仕方」についてまとめてみようと思います。

 

20代になると一人暮らしを始める人も多いと思いすが、そんな時考えなくてはいけないのがお金のことです。

実家なら生活費の大半は必要ありませんが一人暮らしだとそうはいきません。

将来に備えて貯金も始めないといけませんが、普段の生活やプライベートで精一杯で貯金に回すお金なんてありませんよね。

でもだからこそ『貯金の仕方』を知っておくことが大事になってくるのです。

 

20代の貯金あれこれ

20代だと学生がいれば社会人もいるので貯金の仕方はそれぞれで違ってきます。

 

 

学生は学業は本職なので貯金を気にする人はそこまでいないはずです。正社員として働くことはできないので一人暮らしの生活費は仕送りでやりくりする人も多いでしょう。

ただし社会人は全て一人でやりくりする必要があり、将来的な事を考えると貯金の仕方を考えることは大事です。

ここで、算出されたデータを参考にして20代貯金の仕方について考えてみましょう。

参考URL:『知るぽると』(https://www.shiruporuto.jp/)平均年収.jp(http://heikinnenshu.jp/)

 

20代の平均収入は?

まず20代の年収を見てみましょう。

 

 

国税庁の調査によると、

 

20代の平均年収は346万円

 

となっています。

ただしこれは飽くまで平均値です。

20代で年収1千万の人や無収入の人も含まれたデータなので一般的ではありません。

ここで出てくるのが中央値という考え方で、これは年収が低い値から順番に並べ中央に位置する額を見てそれを基準にする方法です。

中央値を見ると、

 

20歳の年収は300~350万円

 

となっています。

ただし20代前半と後半とでは給料にも差が出てきます。

平均年収で言うと、

 

20代前半は約320万円

20代後半は約370万円

 

とのデータもありました。

20代前半は社会人になりたてで収入も少なく一人暮らしするだけで精一杯です。また20代後半になると結婚や出産を考える人も増えてきてなかなか貯金もできないのが現状ですよね。

 

どのくらい貯蓄してる?

次に20代の貯金額について調べてみました。

データを引用すると、

 

貯蓄割合(%)  人数割合(%)
5未満 2.5
5~10 11.6
10~15 17.9
15~20 5.3
20~25 14.4
25~30 4.6
30~35 9.1
35以上 16.1
貯蓄せず 18.6

 

このようになります。

少し分かり辛いですが、例えば表の一番上だと受け取った給料の内5%を貯金している人数が全体の2.5%という意味になります。

ただ驚きなのが20代全体の18.6%が全く貯金していないというデータです。でも一方で17.9%は年収の10~15%貯蓄しています。

ただしこれらは飽くまでも平均データです。極端な話、20代で年収1千万の人や無収入の人も含まれたデータなので一般的ではありません。

平均貯蓄額は貯金が多い世帯によって引き上げられるので実感値とは差があります。なので貯蓄額の低い方から順番に並べ中央に位置する世帯の貯金額(中央値)を見る必要があります。

20代の貯金の平均値と中央値を見ると以下のようになります。

 

単身世帯

金額(万)
平均値 142
中央値 0

 

単身世帯はなんと中央値が0です。

つまり中央値で見ると20代のほとんどが貯金できていないことになります。平均値と中央値で大きな差があるということは、20代は人により給料差が非常に大きいということが分かります。

ただ、これは20代全体のデータで一人暮らし以外の人も含まれたデータです。

一人暮らしのみを貯金額はいくらなのでしょう。

 

年収別20代一人暮らしの貯金額は?

20代一人暮らしの貯金額データを年収別に分けたものが以下になります。

 

年収(万円) 平均値 中央値
300未満 69 0
300~500 205 50
500~750 824 340

 

当然と言えば当然ですが年収が多いほど貯蓄額の平均値・中央値が上がっています。20代全体で見ると中央値はゼロでしたが、年収別では違ってくるということです。

現実的に見て20代一人暮らしは年間50万円くらいは貯金したいところですね。

 

僕の場合はどうだったのか

僕の話をします。

 

 

僕は大学生の頃から社会人まで20代はずっと一人暮らしでした。なぜか節約家だったことと、仕事が忙しくて使う暇が無かったためかなりの貯金ができていました。

だからなのか貯金が趣味という生活をしていてお金を貯めることが楽しかった記憶があります。

今思うとちょっと不憫な気もしますが、でもこれが後にとても役立ったので全く後悔してません!

貯金の仕方も工夫していて、

 

定期預金

貯蓄預金

貯蓄型保険

 

など色々やっていて金額的に20代後半で800万くらい貯金がありました。

ただし・・・、貯金だけの生活が長く続くはずもなく結果はストレス爆発で退職→2年間の世界一周になったわけです。

でもこの時の貯金は大いに役に立ちましたし、貯金の仕方には結構自信があります。

節約と貯金は賢い人の真似をしよう!

 

貯金の仕方はそれぞれですが僕の場合は少し特殊かもしれません。でも貯金は本当に役に立ちました。

 

20代でも老後の心配は必要!

特に20代前半は新入社員が多く貯金が無い上に給料も低いためなかなかお金が貯まりません。

でも油断してると結構なお金が必要になります。

 

結婚や出産

子供の教育

家族サービス

親の介護

自分の老後・・・

 

20代後半になるとこういったことを意識しておかないといざという時に困ってしまいます。

結婚はともかく20代で老後を心配する人なんていないと思うかもしれませんが、これが意外と多いみたいですよ。

 

 

『知るぽると』(https://www.shiruporuto.jp/)では、

 

20代の85.4%が老後を心配している

 

というデータが出ています。

ちなみに20代と他の年代で「老後を心配している」人の割合を比べると以下のようになります。

 

年代 割合(%)
20代 85.4
30代 88.9
40代 89.6
50代 86.1

 

このデータから20代だけでなく全世代で85%以上が老後を心配していることが分かりますよね。

またこの中で「非常に心配している」と回答した割合は以下のようになります。

 

年代 割合(%)
20代 46.1
30代 56.6
40代 60.5
50代 56.3

 

20代でも約半数が老後について強い不安を持っていることが分かります。そしてその不安の理由として一番多いのが、

 

充分な金融資産が無いから

 

となっており年代別の割合は以下になります。

 

年代 割合(%)
20代 66.9
30代 75.5
40代 73.3
50代 73.7

 

20代では約7割が「貯金が無いために老後が非常に心配」しているのです。

実際にこういったデータが出てる以上老後問題は深刻ですし、現状の日本社会のままだと老後に行き着くことができるのかも不安です。

20代であっても『今だけ』の心配をしてるわけにはいかなさそうですよね。

 

貯金の仕方に苦労してるなら

20代は年収が低いため貯金額が少ないですが、そのため老後に強い不安を感じていることが分かりました。

20代で社会人になったばかりの人は収入自体が少なく一人暮らしするだけで精一杯です。多少の昇給もありますが、なかなか貯金に回すお金がないのが現状ですよね。

 

 

データで見ると年間50万円くらいは貯金できそうですが現実はそんなに甘くない・・・。

でも貯金しないと人生設計が上手くいかず、

 

プライベートが充実しない

結婚できない

子供が作れない

育児ができない

老後破産するかもしれない

 

あまりに不安が多すぎますし、これらを解決するにはお金が絶対必要です。

では貯金の仕方としては何をするのが最適なのでしょうか。

 

転職する

「20代前半で転職するなんて甘い!」なんて言う人もいますが、本当に低収入でどうしようもないなら早めに転職してやり直した方が良いです。

仕事は若さも大きな武器になりえるので早めの転職もあながち間違いとは言い切れません。

ただし給料が良いとその分きつい仕事になることもあります。過労で倒れると洒落になりませんし、それだけきつい仕事だと職場環境も良くないはず。

新しい環境に慣れるまでは耐えるしかないですが、いずれにしても慎重に転職するようにしましょう。

また、面接時に仕事内容、給与面やボーナス、休日などの確認は必須です。

 

工夫して貯金する

貯金額を増やす方法は、

 

支出を減らす(節約)

できた貯金を守る

収入を増やす

 

が3大原則となります。

上から順に難易度が上がっていくので、まずは節約から始めてみましょう。

⇒ 低収入から貯金12万円アップを目指す方法は?

 

節約は自分の生活を見直して無駄な支出を減らすことから始めましょう。無駄な支出は絶対あります。

 

無駄な有料サービスに加入してる

無駄に高いサービスを契約してる

安いプランがあるのに変更してない

 

これらは全部無駄な支出です。今すぐ処理しましょう!

そして節約してできたお金はしっかり守りましょう。

僕もやっていた貯蓄口座などは満期があるのでそこまでは絶対に引き出しできません。節約分を全て入金し貯蓄にまわすのです。

 

今まで無駄に使ってきたお金を貯金するだけなので生活に支障は出ません。

 

全て貯金してください。

 

副業する

節約が終われば収入を増やす方法に取り組むのがおすすめです。副業は今や政府レベルで推進されており一般企業でも容認の流れが見られつつあります。

最近よく耳にする『副業』に取り組んでみましょう。

とは言ってもカフェなどでバイトすると本業や自分自身に悪影響が出ますよね。

でも副業には色々なスタイルがあって、本業にかかる影響を最大限に抑えることができる副業もあります。

 

それがインターネットを利用した副業である『ブログアフィリエイト』です。

 

 

ブログアフィリエイトとはブログに訪問したユーザーがブログ上にある広告をクリックしたり商品を買ったりすることで報酬が発生する仕組みです。

ブログに書く内容も決して難しいものではなく、例えば好きな商品や人物などの記事を書き、広告がクリックされたり商品が売れたりすればお金が発生します。

また、ブログアフィリエイトの魅力はネット環境とパソコンがあれば実践可能で誰でも簡単に取り組める点にもあります。

 

僕もブログで稼ぎました

僕はインターネットを使って副業し月収30~40万円ほどの副収入を得た経験があります。

でも最初から簡単に稼げたわけではありません。

 

 

正しい指導者に会い、正しい教材で学んで、それを正しく実践したからこそ今の僕があると思ってます。

もちろん僕自身が『稼げなくてもコツコツ継続し続ける意思を持っていた』ことも大きいはず。

でもこれらが形になると放置ブログからでも毎月数万円の収入を得ることができるようになるのです。

 

もし仮に月平均30万稼ぐことができたら年間360万円の副収入となります。

これってものすごくないですか?(確定申告してくださいね)

 

もしかしたら本業の収入よりも多くなることもあるのではないでしょうか。インターネットでの副業はものすごく魅力的に見えるはずです。

極端な話、インターネット料金だけでも始められる副業なのでリスクは全くありません。初期費用0円でも可能ですし仮に有料のものを使うとしても初期費用を簡単に賄う技もあります。

 

多くの20代の貯金がほとんどなく将来に不安を抱いているという現実があります。

そしてあなたも貯金ができず不安を感じているからこそこの記事を読んでいるはずです。

それなら思い切って実践すべきです。

 

まとめ

この記事では『20代一人暮らしの貯金の仕方』についてまとめました。

 

 

データからは20代一人暮らしではほとんど貯金ができず将来に対して強い不安を抱いていることが分かりました。

でも、職場でがむしゃらに働いたとしても給料は全く増えず代わりにストレスが増えるだけですよね。

こんな時におすすめできるのがブログアフィリエイトになります。

 

結婚、出産、育児、老後・・・、お金はいつの時代でも必要です。

 

もちろん20代はプライベートも充実させたいし初めての一人暮らしだとオシャレな部屋に住みたいとも思いますよね。

そうなると貯金の仕方が大事になってきます。そして貯金するにはお金に余裕が必要です。

まずは節約で次に収入アップを目指し、20代の内からお金に余裕がある生活を目指していきましょう!