一生懸命働いても昇給ではなくボーナスカットが出るようなご時勢、多くの人が苦労しながら生活しているのではないでしょうか。

新卒で入社した時に初めてもらった給料は嬉しいものですが、ずっと金額が上がらないままだと厳しいですよね。

たとえ上がったとしても税や保険分が引かれて手取りは微々たるモノだし、これだと貯金どころか生活が難しくなってきます。

周りの友達と話していても、

 

手取りいくら貰ってるんだろう

 

なんて気になりませんか?

仮に月収30万円だと手取りはいくらで貯金額はどれくらいになるのでしょうか。

 

収入・所得・手取りの違い

お金の話をする際に知っておきたいのが『収入』、『所得』、『手取り』の違いです。

混同して使うことも多いですが、どういった違いがあるか知ってますか?

細かな話になりますが、会社員を例にして説明します(個人事業主は除きます)

 

 

収入とは?

収入には月収や年収がありますが、年間収入であれば1年間で得た給料になります。

源泉徴収票でいうところの「支払金額」が収入に該当します。

 

所得とは?

会社員の所得とは1年間で得た収入から給与所得控除を差し引いたものです。

 

所得=収入-所得控除額

 

給与所得控除とは所得税や住民税を計算する際に、収入から差し引くことができる金額です。

会社員は個人事業主のように収入から経費を差し引きできず、その代わりに給与所得控除を差し引くことができるようになっています。

なお給与所得控除額は以下の表にあるように年収から決定されます。

 

収入(万) 控除額
~180 収入×40%

65万円以下は65万円

180~360 収入金額×30%+18万円
360~660 収入金額×20%+54万円
660~1000 収入金額×10%+120万円
1000~

1500

収入金額×5%+170万円
1500~ 245万円(上限)

 

例えば年収が500万円であれば、500万円×0.2+54万円=154万円が給与所得控除額となります。

「所得=収入-所得控除額」なので、

 

年収500万の所得=500−154=346万円

 

となります。

ここからさらに所得税が発生するのですが細かくなりすぎるので割合します。

 

手取りとは?

手取りは額面給与から源泉徴収する税金(所得税+住民税)や社会保険料(厚生年金保険料+健康保険料)や雇用保険料、その他控除される項目を差し引いた金額です。

 

手取り=給与収入-社会保険料-所得税-住民税

 

要は収入から色々引かれて最終的に残った金額のことで、完全に自由に使えるお金ということになります。

 

月収30万円だと手取りはいくら?

では月収30万円だと手取りはいくらになるのでしょう?

月収30万は年収に換算すると360万円。ここから所得と手取りを計算してみましょう。

 

 

所得はいくら?

年収360万円だと控除額は『収入金額×30%+18万円』となります。

これを『所得=収入-所得控除額』の計算式に当てはめると、

 

360-(360×0.3+18)=234万円

 

となります。

つまり月収30万円の所得は234万円です。

 

手取りはいくら?

正直なところ手取りは計算が難しいです。というかできません!

なぜなら手取り計算は、

 

手取り=給与-社会保険料-所得税-住民税

 

となっており、個人個人で違う要素が多すぎますし企業の給与システムでも差が出ることもあります。

例えば以下のようなAさんとBさんのデータを参考にしてみましょう。

 

A B
月収 60万 30万
源泉所得税

住民税

6万 2万
社会保険料

雇用保険料

8万 4万
住宅 5万 0
個人年金 2万 0
財形貯蓄・社内預金 8万 0
従業員持ち株 7万 0
手取り 24万 24万

 

手取りは口座に振り込まれる金額なのでその額に目が行きがちですが、上のようにAとBの手取り24万円はその内容が全く違ってきます。

Aの場合は貯蓄や年金などの資産や住宅費も天引きされているので、手取り24万円は好きに使うことができます。

一方Bは手取り金額から家賃や資産を作っていかないといけません。

手取り金額はあまり目にしない事柄も関係していることも知っておきましょう。

ただし年収360万なら手取りは234万円より少なくなることだけは確実です。

 

月収30万での貯金額は?

月収30万円での貯金額の前に知っておきたいことがあります。

 

 

この月収30万円という金額、実は20代の平均年収と同等の額になります。

 

年収分布

年収 割合(%)
300万未満 33.1
300~400未満 37.6
400~500未満 18.6
500~600未満 6.9
600~700未満 2.3

引用元:https://doda.jp/

 

20代年齢別平均年収

年齢 平均年収(万円)
20 277
21 286
22 279
23 293
24 320
25 342
26 360
27 376
28 388
29 402

引用元:https://doda.jp/

 

20代全体のデータ

平均年収 346万円

引用元:https://doda.jp/

 

この資料を参考にして20代の平均貯金額を調べると、

 

1世帯当たりの平均貯蓄額=154.8万円

(引用元:平成28年 国民生活基礎調査の概況)

 

というデータが見つかりました。

 

20代の平均年収が346万円、平均貯金額が154.8万円です。つまり月収30万だとこのくらいの貯金額がないときついです。

20代ならまだ良いかもしれませんが、年齢が進むに連れて結婚や出産、育児などのイベントも出てくるのでこの状態だと非常に厳しいことになります。

 

月収30万円から給料が上がらないなら

月収30万だと平均貯金額は約155万円という事実は驚愕です。

新社会人なら仕方ない面もありますが、これが続くとまともな生活ができず老後は破産、それどころか老後に行くまでに破産しかねません。

 

今の生活がままならない

結婚できない

結婚しても子供を作れない

老後破産し生活できなくなる

 

お金がないとこういった生活は確実にやってきます。

 

 

でも今の社会を見ていても給料が上がる気配なんて全く感じません。ニュースでの好景気話はもはや情報操作にすらなっていません。

ではどういった対策を取るべきなのか?具体案をまとめてみます。

 

お金を貯める

がむしゃらに働いても給料が上がらないなら会社を当てにしてはいけません。

お金を貯めるための基本は3つです。

 

節約する

貯金を守る

収入を増やす

 

特に上2つは基本中の基本なので見直すことが必須です。

⇒ 低収入から貯金12万円アップを目指す方法は?

 

転職する

どうしても給料が上がらないなら転職も考えましょう。もしスキルがあるならより高い給料を求めて転職するのは当たり前の手段です。

スキルを高めて転職を狙うのも良いですし、新しい環境に身を置けば生活にハリがでることもあるのでおすすめできます。

 

 

ただ、今あなたがいる会社が余程のブラック企業でない限り転職は慎重に行いましょう。

大袈裟に言うと転職は一か八かの賭けでもあります。面接等では給料面でしっかり交渉しましょう。

 

副業する

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社の調査によると『69%の社会人が副業したい』との結果が得られたそうです。

副業したい目的は以下の通りです。

 

副業したい目的 割合(%)
収入増 50.5
将来の可能性を広げたい 21.9
本業のためのネットワーキング 15.1

副業・兼業の意向についてアンケート調査(対象293名)

 

収入を増やしたい目的で副業に興味を持つ社会人が50%を超えている点に注目です。

日本では政府レベルで企業に対して副業禁止から容認への変更を促す声明も出されているので、あなたの会社でも副業可能な可能性も充分ありえます。

とは言ってもアルバイトのように本業に影響が出る副業は避けたいですよね。

副業にも色々なスタイルがあって本業への影響がほとんどない副業もあります。

 

それがインターネットを利用した副業である『ブログアフィリエイト』になります。

 

ブログアフィリエイトはブログに訪問したユーザーがブログ上にある広告をクリックしたり商品を買ったりすることで報酬が発生する仕組みです。

書く内容も難しいものではなく好きな商品について書き売れれば月に10万円程度は稼ぐことが可能ですし、インターネットを使った副業なので資金ゼロで場所や時間を選ばず取り組めるのも魅力的ですよね。

株式会社ファンコミュニケーションズの調査によると、アフィリエイトをする人の本業は48%が「会社員」、15%が「自営業」と「主婦」、5%が「学生」となっているようです。

日本政府は副業推進方針を掲げており今後はアフィリエイト参加者の増加も予想できます。

 

ブログでお金は稼げます

ブログで月に10万円以上稼ぐことは可能です。

僕自身、一度記事作成しその後放置状態で10万円の収益を得ることができるブログを持っています。

 

月10万円稼げれば年間120万になります。

たとえ年収が360万であっても副業で120万稼げれば年収は480万円にアップするのです。

 

ブログアフィリエイトは誰にでも可能性があるビジネスなのです。

 

 

当たり前ですがお金を稼ぐのは簡単なことではありません。僕自身もアフィリエイトで稼げるようになるまで結構な時間がかかりました。

でも僕がここまで来れたのは正しい指導者から正しい手法を教わり、それを習得したからこそなのです。

もし月収30万円では生活が苦しく、副業に興味があるなら正しい指導者を見つけて正しい手法を身に付けて実践する必要があります。

適当に見つけた手法に取り組んで失敗すると貴重な時間が無駄になってしまいます。

 

まとめ

この記事では月収30万円での手取り額の目安と貯金額についてまとめました。

 

 

月収30万は一見勝ち組に見えるかもしれませんが手取りはかなり少ないです。この収入での平均貯金額も約155万円程度ですが、これでは今の生活だけで精一杯のはずです。

 

そして一生懸命働いたとしても給料が増えるわけではないのです。

 

こんな時におすすめできるのがブログアフィリエイトになります。スキマ時間を見つけて実践するだけで収入を得ること可能です。

副収入を得ることができれば、

 

貯金

結婚・出産

家族旅行

子供の教育費

老後の安心感

 

このようなことはもちろん、自分が好きなことだってできるようになります。

何だかんだ言いながらも結局はお金がないと有意義な生活を送ることはできません。

生活を豊かにするため、今のうちから実践しておきましょう!