こんにちは!ブログで稼いだお金で海外旅行に勤しんでいる、世界の夢職者”のぶ”と申します。

ブログには海外旅行ネタのお話をいくつか載せていますがこれ系の記事ばかりだと『この人遊び人なの?』と思われそうで怖いので、ブログ講義の記事も書いてみることにしました。

そんな理由で開講した『特化型ブログ講座』ですが今回は、

 

『特化型ブログで収入を得るために必要な記事数は?』

『アドセンスでも稼げるの?』

 

これら2つのテーマついて、物販案件を使った場合とアドセンスを使った場合に分けてお話していきます。

これから特化型ブログに挑戦しようと考えている方へ少しでも力になれると嬉しいです。

 

特化型ブログで収入発生に必要な記事数と期間は?

「特化型ブログで稼ぐための記事数ってどれくらいが良いの?」という疑問・・・、これって初心者さんの99.99%は聞いてみたい質問ではないでしょうか。

でもこれに対して明確な答えが出せる人はほとんどいないと思いますが、ひとつ言えるのは『収入発生には記事数だけでなく記事を投稿してからの期間も大きく関係する』ということです。

これらについて僕自身の考えをお話します。

 

特化型ブログで収入を得るには

特化型ブログで収入を得るには、

 

狙うジャンルに需要があるのか

そのジャンルを狙うライバルは多いか少ないか

記事の書き方をマスターしているか?(クオリティなど)

 

以上の要因を考える必要があり、これらが収入発生までの必要記事数や時間に影響を与えます。

記事の書き方をマスターしていて、狙ったジャンルに高い需要があって、ライバルが全くいない状況なら数記事でも即収入が出ます。

でもそんな状況を簡単作ることはできないことも事実ですよね。

つまり特化型ブログでは報酬発生に必要な要因は複雑で一概に「○○記事書いたら稼げます!」とは言いにくいです。

ただし僕を含めて色んなサイトを作ってきた人達の情報から予測することは可能です。

 

必要な期間は?

新しいサイトで特化型ブログを立ち上げた場合、正しい方法でブログを構築しても初めての収入が出るまで最低3ヶ月前後掛かるのが一般的です。

色々なサイトを見たり周りの人に聞いても、収入を得るまでの期間は平均約3ヶ月という話はよく聞きます。

ただしこの期間は記事数と同様で色々な要因で変わってきます。数日で出る場合もあれば6ヶ月以上掛かるものもあります。

なのでジャンル選びやライバルチェック、自身のスキルを高めることも大事になることを覚えておきましょう。

 

僕の場合はどうだったか?

僕も特化型ブログを運営していて収入が出るまでの記事数や期間のデータを持っています。

それらを公開しているので参考にしてください。

⇒ 特化型ブログの収入推移を公開!

 

この例では『ブログに100記事投稿し約3ヶ月後に初めての収入が出た』という結果が出ています。

僕の場合『何記事投稿して収入が出た』ではなくて『100記事投稿してその後ひたすら待つ』という期間に頼るスタイルでした。

なのでこのブログに関して言うと『収益が出るまでの記事数は100、期間は約3ヶ月』ということになります。

 

記事数は少なくても稼げる?

実を言うと、上で紹介したブログでは100記事全てアクセスが来ていたわけではなく記事毎に人気差がありました。

なので『100記事書かなくても稼げていたのでは?』という考え方は可能です。

ここでブログ収入を出すためにチェックすべき要因を確認しましょう。

 

狙うジャンルに需要があること

そのジャンルを狙うライバルが少ないこと

詳しい記事内容が書けること

 

以上を全て満たしていれば少ない記事数でも検索上に表示でき収入が見込めます。

 

僕自身、100記事3ヶ月や20記事2ヶ月での初報酬や50記事2ヶ月で4万円の収入が出たこともありますし、特化型ブログで収入を得るためには多くの記事数は必須ではありません。

特化型ブログは数記事で収入を得ることが可能です。

 

ここで思い出してほしいのですが、そもそも特化型ブログとはどういったものだったでしょうか?

⇒ 特化型ブログとは?初心者向けにジャンル選びの参考例と作り方を解説

 

特化型ブログは特定のジャンルを狭く深く書いていく手法です。つまり特定の情報に対して記事数は少なくても専門性が高く濃い情報を提供するスタイルなのです(もちろん記事が多くても良いです)

注目してほしいのは、

 

『記事数は少なくても専門性が高い情報』

 

という点です。

専門性が高くて詳しいブログなら訪問者は長い時間滞在してくれたり再訪問してくれたり、ツイッターやフェイスブックなどのSNSでブログを紹介し訪問者をブログへ誘導してくれたりもします。

ブログサイトの訪問者数や訪問回数、滞在時間が増加するとgoogleから役立つサイトとして高評価され検索順位が上がってきます。

そして検索上位に表示していればそれだけでアクセスの増加に繋がり収入も見込めるようになるのです。

 

特化型ブログで収入を得るためには『記事数よりも記事の質』と『評価に必要な時間』も大切です。

つまり少ない記事数でも稼ぐことは可能です。

そしてこの『評価に必要な時間』が上でお話した『最低3ヶ月』となります。評価が高くなってくれば上位表示するし、上位表示すれば収入が見込めるようになるわけです。

 

3ヶ月目以降でサイトを見極める

特化型ブログの最低3ヶ月という期間は『収入が出るまでの期間』だけでなく『収入が出るかどうかをチェックするための期間』という意味合いもあります。

ですのでまずは20記事前後を投稿し3ヶ月程度様子見期間を作りましょう。そしてアクセスが少ないようなら記事の修正や10記事程追加していくやり方がおすすめです。

新しく立ち上げたブログは順位が上がりにくくgoogleなどの検索エンジンから認識されにくい状態ですが、それでも期間を置けば認識され評価してくれるようになります。

記事投稿後に放置していて、ある時に順位をチェックしてみたら上位表示していたなんて経験はありませんか?

時間を掛けて熟成させるようなイメージを持ってもらえれば良いと思います。

 

少ない記事数で稼ぐには物販広告を利用

特化型ブログは記事数が少なくても収入を得ることができる手法です。

ただしこれは物販案件を使った特化型ブログに限った話となるので注意してください。

収益源としてアドセンスを使った場合は扱いが全く変わってきます!

 

特化型ブログでのアドセンスの稼ぎ方は?

トレンドアフィリエイトを実践している方はアドセンスで収入を得ることに慣れていますよね。でもそれと同じ感覚で特化型ブログを実践すると全く稼げずに終わります。

ここではアドセンス広告を使った特化型ブログについて解説します。

 

記事数は少なくても稼げる?

アドセンスはクリック型広告で文字通りクリックされると報酬が発生するシステムです。

報酬が発生するシステムは非常に簡単なので稼ぎやすいのが特徴ですが・・・、クリック単価は非常に低く設定されています。

アドセンスは掲載されるブログのジャンルによって表示広告は変わり、単価も数円~数百円なので大量にクリックを集めないとほとんど収入になりません。

 

アドセンスの特徴

⇒ クリック単価が低い

⇒ 大量のクリックを集めないと稼げない

 

一方、特化型ブログはジャンルを絞って専門的な内容を書くため対象ユーザーも限定されます。

トレンドアフィリエイトのように大量のアクセスは望めないですし、そもそも特化型ブログはそういった手法ではありません。

 

特化型ブログの特徴

⇒ アドセンスで稼げるほど大量のアクセスは望みにくい

 

大量のクリックを集めるには多くのユーザーを呼び込む必要があり、そのためには僕の経験上200記事程度は書く必要があります。

なので残念ながら記事数が少ないとアドセンスによる収入はほとんど伸びないです。

そもそも記事数関係なくアドセンスと特化型ブログの相性は決して良いものではないことを知っておきましょう。

(稼げないわけではないですが労力と稼ぎが一致しないです)

 

アドセンスの扱い方

特化型ブログはどちらかというと濃いユーザーに向けたブログで、内容的にはマニアックなものになるためそこまで多くのアクセスが集まりません。

対象を絞って専門的な情報を訪問者へ提供することで自分のファンになってもらい、信頼関係を構築した上で商品購入へ繋げていく手法なのです。

アドセンスの扱う上では次のような注意点があります。

 

ジャンルによりクリック単価が非常に低くなる

アドセンスと物販広告を一緒に貼ると収益が減ることがある

 

ジャンルによりクリック単価が非常に低いことがある

アドセンスはブログで取り扱うジャンルによっては表示される広告が変化し、表示される広告によってはクリック単価が非常に低くなることがあります。

その場合はアドセンス広告ではなく物販広告を貼った方が良いです。

 

アドセンスと物販広告を一緒に貼ると収益が減ることがある

アドセンス広告は記事内容と一致した広告が自動的に掲載される仕組みになっています。

例えば美容系の特化型ブログを作成し物販案件広告とアドセンス広告を一緒に掲載したとすると、物販広告とアドセンス広告の内容が全く同じになることがあります。

ただしこの2つは内容が同じでも収益システムや単価は全く異なるので注意が必要です。

ブログ訪問者が商品を購入する際、それぞれを広告をクリックした時の報酬発生の仕組みは以下のようになります。

(商品購入の報酬4000円、アドセンスクリック単価30円とします)

 

アドセンスがクリックされた場合

⇒ 収入はクリック単価30円のみ。商品購入の報酬無し。

物販広告がクリックされた場合

⇒ 成果報酬4000円が収入となる。

 

以上よりこれらの広告を一緒に貼ると大きな損失が出ることがあります。

なので物販ブログでは基本的に物販広告とアドセンス広告を一緒に貼らない方が良いです。

もちろんジャンルによってはアドセンスをサブとして使えることもありますし、ブログ内で記事毎にアドセンスと物販広告を使い分けることもあります。

物販ブログではアドセンス広告の利用価値はそこまで大きくありません。

ただしトレンドアフィリエイト実践者はアドセンスに慣れていて脱却できない人も多いはず。

そんな人には『特化型トレンド』がおすすめできます。

⇒ トレンドアフィリエイトを特化型ブログへ繋げる方法とそのメリットを紹介!

 

まとめ

今回の特化型ブログ講座では、

 

『特化型ブログで収入に必要な記事数』

『アドセンスは使えるかどうか』

 

についてお話しました。

僕の経験上だと、

 

物販広告で収入発生までに必要な条件

⇒ 記事数は20~100

⇒ 期間は3~6ヶ月以上

アドセンスで収入発生までに必要な条件

⇒ 記事数は200以上

⇒ 期間は3~6ヶ月(トレンド利用で即出ることもある)

 

となりました。

またジャンルにもよりますが特化型ブログにアドセンス利用はおすすめできません。

上手く使い分けができれば問題ないのですが、使うとしてもサブ的な使い方をした方が良いと思います。

また僕の経験上、特化型ブログは少ない記事で収入を得ることができるのでアドセンス利用より遥かに効率が良く、トレンドアフィリエイトよりも遥かに少ない作業量で稼ぐことができるのも特徴です。

具体的にどういったネタがおすすめなのかは僕のメルマガでも紹介しています。収入を伸ばしたい方はぜひ特化型ブログに挑戦してみてくださいね!